口内炎が一つあると痛くて辛いです、少しでも痛みを緩和できる方法はあるのでしょうか

>

実は、口内炎は大きな病気の初期症状かもしれません

口内炎は他の病気のサインかも

繰り返す口内炎、治りが悪い更に増えるなどの症状はもしかしたら大きな病気かもしれません。
最初は普通の口内炎と何もかわりがないように見えても、患部が大きくなって強い痛みが続くのはもしかしたら、普通の口内炎ではないかもしれません。

口内炎のできる原因にストレスや疲労によるもの、又は体調が悪い時にも発症します。
口内炎は大きな病気になっているサインかもしれません。

主に口内炎の症状がでる病気に、白血病や大腸の病気、手足口病などがあります。
その中でも一番怖いのは、口腔がんです。
口腔がんは見た目が殆ど普通の口内炎と変わりません、ですが口内炎の面積が広がり大きくなったまま治りが遅い場合はとても危険です。

そのまま放っておくと怖いので、いつもと様子が違うなと感じたらすぐ病院へ行って診てもらうと安心です。
なりやすい人は、口内炎が早期発見に繋がる事を忘れない様にしましょう。

口の中でも舌にできる口内炎も痛い

口内炎が大きな病気のサインだとすると、過剰になって心配してしまいそうです。
ですが、いつもと違う口内炎だと熱がでるなど別の症状も発生してくるので、慌てずに治していきましょう。

口内炎はできる場所で痛み方も違います。
人にもよりますが、舌に口内炎ができると結構痛いです。

疲れやストレスがあるときになりやすく、舌にできるとピリピリとした感じがします。
飲食をすると必ず舌にあたるので絶対に避けられない痛みです。
薬をつけるのも、とても困難な場所なので睡眠やビタミン剤などを使ってもいいと思います。

我慢できる痛みと我慢できない痛みがあるのが口内炎、場合によっては鎮痛剤の出番になります。

口内炎ができると言う事は、体が何かしらのサインを発している証拠です。
舌など想定できない場所に口内炎ができるのは、睡眠不足やストレス、不規則な生活が原因なのでゆっくり休める時間を作りましょう。


この記事をシェアする